Grand Seiko -THE FLOW OF TIME-

ミラノデザインウィーク2018期間、グランドセイコーの展示に、コラボレーションクリエーターとして参加致します。
TAKT PROJECTはインスタレーションを担当、ミラノトリエンナーレ美術館に、グランドセイコーを体感する巨大な空間装置を出現させる予定です。是非ご覧になっていただけますと幸いです。
 
 
 
[ グランドセイコー 出展概要 ]
グランドセイコーは、高い精度と長時間駆動を兼ね備えた独自の機構である
「スプリングドライブ」に着目したインスタレーションを行います。
「THE FLOW OF TIME」というテーマのもと、
精度を追求し、その先に辿り着いた「スプリングドライブ」にデザイナーが向き合います。
 
 
[ インスタレーション概要 ]
時の本質に迫り、時の移ろいを感じさせる新しい次元に辿り着いた
スプリングドライブの世界観を、空間として表現しました。
ムーブメントの部品を封入した透明なオブジェを12体ならべ、その背後には時がうつろいゆく映像を
投影しています。オブジェを覗き込むと、きらめく一つひとつのパーツと、すっぽり映り込んだ映像が
融合し、ムーブメントが時の本質に迫る様を感じさせます。また、透明なオブジェの中でまたたく
小さな光は、部品達が自ら生み出す微弱な電気の存在を静かに暗示しています。
覗き込むことでグランドセイコーの思想を感じられるインスタレーションです。
 
 
 
開催期間|2018.4.17(Tue) - 4.22(Sun)
時間|10:30 - 22:00 *4.17(Tue) のみ 10:30 - 24:00
プレスプレビュー / 4.16(Mon) 11:00 - 18:00  *プレス関係者様のみのイベントです。
オープニングレセプション / 4.17(Tue) 19:00 - 21:00
会場|トリエンナーレ美術館 クーボ ビー (Cubo B, La Triennale di Milano)
住所|Viale Alemagna, 6 Milano (イタリア・ミラノ センピオーネ公園内)  → Google map
アクセス|ミラノ市営地下鉄M1/M2、Cadorna (カドルナ) 駅下車
会場スペース|450m²
主催|セイコーウオッチ株式会社
総合プロデューサー|桐山登士樹(TRUNK LTD.)
クリエイター|TAKT PROJECT(デザインスタジオ)・ 阿部 伸吾(CGディレクター/デザイナー)
インスタレーションサウンド|高橋琢哉(Oyster Inc.)
スペースデザイン|森ひかる(ZITOMORI)
 
 
 
 
Grand Seiko, Japanese luxury watch brand, to be exhibited for the first time at Milan Design Week. TAKT PROJECT is in charge of installation design as a collaboration creator. At La Triennale di Milano, a huge art installation will be unveiled in which you can feel Grand Seiko’s thought. We hope you'll be looking forward to it.
 
 
Exhibition Overview :
The exhibition will showcase an installation featuring Grand Seiko’s Spring Drive movement, the company’s unique and innovative mechanism characterized by high precision. Two Japanese artists have brought the revolutionary idea of Spring Drive to life in an installation that dramatizes “THE FLOW OF TIME”.
 
Installation Overview :
This art installation shows the worldview of Spring Drive, which has reached a new dimension that makes you feel the transience of time, approaching the essence of time.
Twelve acrylic objects in different shapes are shown in the space, and parts of the Spring Drive watch movement are sealed inside of them. Looking into the objects, small twinkling parts and framed scenery are merged together, so you can feel the watch movement is approaching the essence of time. And small lights in the transparent objects imply the existence of small electricity generated by the parts themselves in silence. It is an art installation in which you can feel Grand Seiko’s thought just by looking into it.
 
 
 
Period|2018.4.17(Tue) - 4.22(Sun)
             10:30 - 22:00  *4.17(Tue) 10:30 - 24:00
             Press Day / 4.16(Mon) 11:00 - 18:00  *It is an event for press.
             Opening Reception / 4.17(Tue) 19:00 - 21:00
Venue|Cubo B, La Triennale di Milano
Address|Viale Alemagna, 6 Milano (Cadorna area) → Google map
Access|Cadorna FN station Metro MM1 (Red Line)  MM2 (Green Line)
Exhibition space|450m²
Organizer|Seiko Watch Corporation
General producer|Toshiki Kiriyama (TRUNK LTD.)
Creators|TAKT PROJECT (Design studio) / Shingo Abe (CG Director / Designer)
Sound designer|Takuya Takahashi (Oyster Inc.)
Spatial designer|Hikaru Mori (ZITOMORI)
 
 

 

PROJECT NAME:MILANO DESIGN WEEK 2018

CLIENT : Grand Seiko

RELEASE DATA:2018/03/31

CATEGORIES:Installation Project

LINK:Grand Seiko Milan Design Week, TRUNK LTD.