2019 / 01
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

MISSION

TAKT PROJECTの日々

TAKT PROJECT

2019 /01 / 11

MAISON&OBJET Paris

新しい年がはじまりました。TAKT PROJECTより本年最初の投稿です。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
パリで開催されるインテリア・デザインの世界最大級の見本市メゾン・エ・オブジェ・パリ2019年1月展(1月18日 - 22日)への出展をお知らせ致します。
 

TAKT PROJECTがデザインディレクション・デザインを担当する漆器ブランド KISHU+(http://kishu-plus.jp/)が昨年に続き2度目の出展を致します。「先端工芸」をキーワードに、新しい技術を取り入れ、これまで培った技や表現をより一層拡張するための取り組みを続けるKISHU+。「AKARI IN JAPAN」をコンセプトに、3つの照明プロダクトに焦点を当てた発表を致します。漆器の光に魅力を見いだし、漆器を日本のあかりを創り出すための照明として再解釈したプロダクトです。
 
「AKARI IN JAPAN 」
陰翳の存在が、光の表情を幾重にも豊かにする。日本人の感性は、眩く輝くような光ではなく、陰翳にこそ光の美を感じ取るのです。光を纏い湛えるかのように深みのある艶を放つ漆器は、光に対する日本の感性を体現する存在です。漆器が持つそんな陰翳の美を、照明として昇華しました。それは、空間に光を与えるのではなく、陰影を生み出すための照明、つまり日本のあかりです。
 
 
MAISON&OBJET Paris – January 18-22, 2019
 
会期|2019年1月18日(金)~ 22日(火)

開館時間|9:30〜19:00(最終日は18:00まで)

展示場所|Hall 6 — Stand M134
会場|Paris Nord Villepinte → google map
 
 
 
Happy new year. Thank you for your kindness last year, and wish you the best for 2019. Our first greeting of the year delivers exciting news about the launching of our collaborative project at Maison et Objet 2019 from January 18th to 22nd. We will be much pleased to see you there, so do swing by. 
 
At this year’s Maison et Objet, the world’s largest interior design fair, the lacquerware brand KISHU+ whose design direction was led by TAKT PROJECT is on show for the two consecutive years. Craftmanship and modern technology, as its main imperative, KISHU+ continues to extend the techniques and expression that have been honed to this date. The three lightings that it presents focus on the concept of 'Akari in Japan' and reinterpret enduring charm of existing lacquerware as Japanese lighting.  
 
AKARI IN JAPAN 
 
‘Akari' in Japanese means 'light source' in English, it is not bright and dazzling light like the sun, but light with warm feeling and light with shadow. The presence of the shadow enriches the expressions of light from many different perspectives. The sensitivity of Japanese people deeply feels the beauty not in the light, but in even the shadow. Lacquerware with a deep gloss like filled with full light is playing a role in embodying Japanese sensitivity to light. Lacquerware with the beauty of such shadow is incarnation of into lighting. It is lighting not only gives light to space, but also creates shadows, that is, 'Akari in Japan'.
 
 
 
MAISON&OBJET Paris – January 18-22, 2019
 
Period|January 18th – 22th, 2019
Time|09:30 – 19:00( January 22th will be closed at 18:00 )
Venue|Paris Nord Villepinte( → google map ), Hall 6 — Stand M134
 
 
 
 
 
MICHIKAKE  /  Wall light
 
KOMOREBI  /  Stand light
 
SHIZUKU  /  Pendant light
 
 
Photo:Masayuki Hayashi
 
 

2018 /12 / 20

講演情報 / SEOUL DESIGN FESTIVAL

21_21 DESIGN SIGHTアソシエイトディレクターの川上典李子さんにお誘いいただき、代表の吉泉がSEOUL DESIGN FESTIVALにて講演を行いました。21_21 DESIGN SIGHTの取り組みと、TAKT PROJECTの自習研究プロジェクトの共通点について、川上さんと共にお話しするレクチャーとなりました。
 
2002年からスタートしたSEOUL DESIGN FESTIVALは、未来を率いる国内外のスターおよび新鋭デザイナー、デザイン代表ブランド・専門会社、そして大衆が共につくっていくデザインプロモーションフェスティバルです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2018 /11 / 29

メディア掲載情報

AXIS増刊号「Yamaha,One Passion ヤマハデザインのDNA」にて、代表の吉泉のインタビューをご紹介頂きました。
4人のクリエーターが語る"ヤマハの真髄”という特集ページです。
ぜひご覧頂けますと幸いです。
 
A interviews of Satoshi Yoshiizumi representative of TAKT PROJECT was published in AXIS Magazine an extra number "Yamaha,One Passion".

Please have a look.
 
 
 
 
 
©︎AXIS
 
 

2018 /11 / 19

メディア掲載情報

デザイン誌AXISのWebマガジンにて、パリ装飾美術館における展示についてご紹介いただきました。
ぜひご覧になって頂けましたら幸いです。
 
 
 
 
©︎AXIS
 
 

2018 /11 / 13

パリ装飾美術館

 - Japon-Japonismes. Objets inspirés, 1867-2018 -
ルーヴル宮のマルサン翼に位置するパリ装飾美術館における展覧会「Japon-Japonismes. Objets inspirés, 1867-2018」にて、
新作2点を含む、3つの自主研究プロジェクトが展示されます。
パリへお出かけの機会がございましたら是非ご覧いただけますと幸いです。
 
 
期間|2018.11.15 - 2019.3.3 (予定)

会場|パリ装飾美術館 企画展示室の3フロア 約 2,200 平米

住所|107 Rue de Rivoli, 75001 Paris, France > google map
主催|パリ装飾美術館、国際交流基金

特別協力|東京国立近代美術館

協力|Heart and Crafts

総合監修|オリヴィエ・ガベ(パリ装飾美術館長)

キュレーター|
ベアトリス・ケット(パリ装飾美術館アジアコレクション担当キュレーター)

                        川上典李子(21_21DESIGN SIGHT アソシエイトディレクター)


                        諸山正則(工芸史家、前東京国立近代美術館主任研究員)

アドバイザー|コシノ ジュンコ(デザイナー)
 
 
<展覧会概要>

日本の工芸・デザインを紹介する展覧会が開催されます。パリ装飾美術館の10,000点を数える日本美術コレクションから厳選された作品を中心に、日本から貸し出される作品、日本の影響を受けて欧州で制作された作品を加えて構成。2,000平米を超える大規模な会場は、5つのテーマに沿って、美術工芸品からプロダクト・デザイン、グラフィックアート、ファッション、写真も含め幅広い芸術作品が、ジャンル横断的に展示されます。5つのテーマである、「発見者」「自然」「時間」「動き」「革新」のうち、「革新」のエリアにTAKT PROJECTの作品が展示されます。日仏のキュレーターが選出するジャポニズム150年の工芸とデザインの変遷と共にご覧いただければ幸いです。
この展示は、パリを中心にフランスにおいて開催される日本文化紹介大型行事「ジャポニスム2018」の 公式プログラムの一つとして、パリ装飾美術館と国際交流基金により開催されます。
 
 
 
 
 
出品プロジェクト : 
Field Recording / 2017-  ( 新作1点を含む )
 
COMPOSITION / 2016-  ( 新作1点を含む )
 
Dye It Yourself / 2015-
Photo of Dye It Yourself : Masayuki Hayashi