Return
吉泉 聡代表
山形県生まれ。
東北大学工学部機械知能工学科卒業。エンジニアリングを学ぶ。
桑沢デザイン研究所を中退後、2005年より2008年までデザインオフィスnendoに、2008年より2013年までヤマハ株式会社デザイン研究所に在籍。2013年にTAKT PROJECT株式会社を共同設立。TAKT PROJECT代表。

感性と理論をつなぐことに深い興味があり、ロジカルな思考だけでは到達できない仮説を構想する「新しい知性」としてのデザインを志向し、実践している。

世界で最も影響力のある建築・デザインメディアの1つDezeen(英)が主催するアワードDezeen Awards 2019にて「Emerging Designers of the year」に選出。
国際的なデザインフォーラムDesign Miami/ Basel(瑞)が、毎年世界の3組のデザイナーに送るアワード「DesignMiami/ Swarovski Designers of the Future Award 2017」に選出。
また、イギリス発の国際的なカルチャー誌Wallpaper*(英)にて「25 creative leaders of the future」に選出(2021)。
その他、iF Design Award(独)、Red Dot Design Award(独)、German Design Award(独)、Good design Award(日)、第25回桑沢賞など、国内外のデザイン賞を多数受賞している。
作品は、香港の美術館M+に永久収蔵されている。

2021年 コクヨデザインアワード2022審査委員
2021年 山形エクセレントデザイン2021年審査委員
2018年よりグッドデザイン賞審査委員(〜2020年)
2020年 iF DESIGN TALENT AWARD(独)審査委員
2019年より富山デザインコンペティション審査員
2018年 YouFab Global Creative Awards審査員
2016年より法政大学兼任講師(〜2018年)
2015年より愛知県立芸術大学非常勤講師
2015年より女子美術大学非常勤講師(〜2016年)