Return

Our Approach to
Cultivating the Future.

TAKT PROJECTは、デザインによる新しい概念の創出と具現化を行う、DESIGN THINK + DO TANKです。
広く世界を俯瞰し、静かに自己の声にも耳を澄まし、手を動かし感じながらつくる事で、 ロジカルな思考だけでは到達できない仮説を構想する「新しい知性」としてのデザインを志向しています。 自主的なリサーチプロジェクトから生まれる独自のデザイン理論を携え、スタートアップからグローバルブランド、教育・研究機関、行政など、 幅広いクライアントと共に、次代の概念を耕す多様なプロジェクトに日々取り組んでいます。

Approach

  • Approach

    TAKT PROJECTは、「新しい知性」としてのデザインを志向する、DESIGN THINK + DO TANKです。 依頼されたプロジェクト(Collaborative)に加え、次代の概念を研究し、 別の可能性を提案する自主的なプロジェクト(Self-Driven Research)にも取り組んでいます。 自主プロジェクトから得られた知見は、依頼されたプロジェクトにも強く影響を与え、 仮説と実装の循環を、1つの組織に健全に内包・更新し続けています。
  • Self-Driven Research

    TAKT PROJECTは、自主的なデザインリサーチプロジェクト(Self-Driven Research)に取り組んでいます。 依頼されたプロジェクトとは異なり、テーマ・プロセス・社会への提示、そのすべてが自己の責任で行われるものです。 演繹法(deduction)や帰納法(induction)といったロジカルな思考だけでは到達できない、仮説構想(Abduction)を、 「新しい知性」としてのデザインで実践しています。仮説には形を与え、展覧会などを通して提示しています。 そこから得られる多様なフィードバックはリサーチの重要な収穫であり、すべての活動に循環し独自性を醸成しています。
  • Collaborate

    TAKT PROJECTでは、依頼されたプロジェクトをCollaborative Projectsと呼んでいます。 依頼されるプロジェクトの多くは、その正解の創出が難しいだけではなく、問題自体が不明瞭な場合がほとんどです。 つまり、自主的なリサーチプロジェクトと相似形であり、その存在と知見があるからこそ、依頼者と共創しながら、 新たな概念の社会実装を目指すことが可能になると考えています。 また、枠組みが次々に更新する現代において、旧来のデザインカテゴリーに縛られることはリスクと捉え、 グラフィックから建築まで多様な表現手法を統合し、プロジェクトに臨んでいます。
  • Evoke

    Collaborative Projects、Self-Driven Research Projects、 そのどちらの成果物も「最適」を問うようなプロジェクトはありません。 枠組みが次々に更新する現代において、「正解」をすぐさま判断できる事柄には、 新しい概念は伴っていないと考えているからです。 投げかけた提案を起点に、その概念の大きな波紋を作れるかどうか? つまり、どれほど社会を喚起(Evoke)出来たかを、私たちは重要視しています。 産業の代弁者として、ビジネスを「Support」するだけの存在ではなく、社会を「Evoke」するものとして、 TAKT PROJECTはその存在価値を追求しています。
  • Cultivate

    Culture(文化)の語源はCultivate(耕す)です。 新しい概念は、人々を喚起(Evoke)しその心を耕す、そして、社会の枠組みも耕す事で、ようやく文化になると考えています。 文化にならない事柄は、人々の行動や生活を、本質的に変えないものだと考えています。 ロジカルな思考だけでは、心を耕す事はできません。人間の不確定な要素も等価に扱うことでこそ、 新しい概念の土壌が耕され、文化が生まれると考えています。 TAKT PROJECTすべての活動の目的は、この新しい文化の創造であり、社会の土壌を耕す多様なプロジェクトに日々取り組んでいます。

1/4

Next

Exhibition

2019
glow⇄grow : pottery / DesignMiami/ Curio / マイアミ
2019
未来と芸術展 / 森美術館 / 東京
2019
glow⇄grow : globe / AnyTokyo / 東京
2019
虫展 / 21_21 DESIGN SIGHT / 東京
2019
自生するデザイン / デザインギャラリー1953 / 東京
2019
個展 glow⇄grow / Milan Ventura Centrale / ミラノ
2018
THE FLOW OF TIME / DesignMiami/ / マイアミ
2018
Japon-Japonismes. Objets inspirés, 1867-2018 / 装飾美術館 / パリ
2018
THE FLOW OF TIME / DESIGNART / 東京
2018
THE FLOW OF TIME / トリエンナーレデザイン美術館 / ミラノ
2017
個展 SUBJECT⇄OBJECT / AXIS Gallery / 東京
2017
素材と対話するアートとデザイン / 富山県美術館 / 富山
2017
Swarovski Designers of the Future Award / Design Miami/ Basel / バーゼル
2017
deposition / Milan Ventura Lambrate / ミラノ
2017
Visible Motion / トリエンナーレデザイン美術館 / ミラノ
2016
SHIFTING OBJECTIVES / M+ / 香港
2016
COMPOSITION / Milan Ventura Lambrate / ミラノ
2015
Dye It Yourself / AnyTokyo / 東京
2015
10/10 by François Bernard and Moda / Paris Design Week / パリ
2015
Japanese Design Revisited by LEXUS / Helsinki Design Week / ヘルシンキ
2015
Asia Young Talents / 台湾文博会 CREATIVE EXPO TAIWAN 2015 / 台北
2015
Dye It Yourself / Milan Ventura Lambrate / ミラノ
2014
Trends / MAISON&OBJET / Paris
2014
3-PRING PRODUCT / AnyTokyo / 東京
and more...

Award

2020
FRAME AWARDS(蘭) / Innovation Award nominees
2019
Dezeen Awards(英) / Emerging Designers of the year
2019
日本空間デザイン賞 / 金賞
2018
DSA日本空間デザイン賞 / 金賞
2018
Design Intelligence Award(中) / DIA INNOVATION Award
2017
DesignMiami/ Swarovski Designers of the Future Award(瑞)
2017
DSA日本空間デザイン賞 / 金賞 ダブル受賞
2017
German Design Award(独) / Winner
2017
iF Design Award(独) / Professional Concept
2017
第25回桑沢賞
2016
Red Dot Design Award(独) / Design Concept
2015
ディスプレイ産業賞 / 優秀賞 経済産業省商務情報政策局長賞
2015
日本サインデザイン賞 / 奨励賞
2015
グッドデザイン賞
2013
グッドデザイン賞
and more...

Client

アイシン精機株式会社 / クックパッド株式会社 / 大和リース株式会社 / 株式会社 FiNC Technologies / 富士通株式会社 / 浜松市 / 北海道大学 / 日本デザイン振興会 / 株式会社メルティンMMI / 三井化学株式会社 / 三菱重工業株式会社 / 森美術館 / 森ビル株式会社 / 株式会社日経BP / 株式会社日建設計 / 日産自動車株式会社 / セイコーウオッチ株式会社 / 株式会社宣伝会議 / ソフトバンク株式会社 / ソニー株式会社 / SWAROVSKI GROUP / 東京大学 / 株式会社 東急エージェンシー / 株式会社 東芝 / 富山県 / トヨタ自動車株式会社 / ヤマハ株式会社 / 株式会社ユニクロ / WHILL株式会社 / 21_21 DESIGN SIGHT
and more…
COMPANY
TAKT PROJECT株式会社
FOUNDED
2013
ADDRESS
〒113-0001 東京都文京区白山1-33-15 コンドウビル 4F
TEL/FAX
03-6801-5463/03-6801-5464
MAIL
info@taktproject.com